借り入れ金額や契約金額に対する金利と利息の支払い計算

ローンには住宅ローンやマイカーローンなどあり、ローンの種類や金額、返済期間により金利が設定されています。借り替えや、複数のローンをまとめる低金利ローンの商品もあり、比較検討する事により返済金額を低くすることができます。

 

例えば、50万円を2社から上限金利で借り入れると18%ずつの金利が発生します。

 

これを100万円を1社から借り入れると15%の金利になるのです。これは上限金利での話なので、低金利ローンを利用するとさらに低い金利になります。現在の借入と返済を比べるシミュレーションサービスを行う会社もあるので、低金利のローンを利用した場合と比べてみると金利負担の差がはっきり見え、参考になります。

 

来店不要で審査が可能であったり、ネットからの申し込みができるなど、お近くに金融機関の店舗がなくても利用できるものや、年利5%以下の超低金利ローンもあります。

 

審査には安定した収入があるか、固定電話を所有しているかなど、会社により基準がありますが、低金利であれば返済期間を短くし、早く返済を完了するメリットもあるので検討する価値はあります。

 

特に住宅ローンのような高額で長期に渡る返済には低金利のローンで借り入ると返済に大きく影響します。また、急な出費が発生した時には賢く利用したいものです。

多くの借り入れはまとめることで金利が下がる場合も

キャッシングやカードローンの借り入れ金利は、限度額によって決まっているとも言えるでしょう。大きな限度額となると金利は下がり、小さな限度額では金利が高くなるのです。

 

そのため、細かく複数の業者から借りているとすると金利はそれぞれの業者で高くなってしまいますので、なるべく一まとめにすることで高限度額で低金利で借りることも可能となります。